CHANGE LOGO
オフィスワーカー
AI / Big Data
NEW-IT
画像データ活用・AIサービス 画像データ活用・AIサービス
画像データのイメージ

画像データを有効活用しませんか?

業務上蓄積された様々な写真や動画は、証跡や履歴データとして蓄積されているものの、活用されないまま一定期間の保有後に廃棄されることが多いのが実態です。しかし、AIやビッグデータを用いれば、これらの画像・動画データを分析しやすいデータに加工し、人物属性(年齢、性別など)の抽出や物体の識別などを行い、業務の効率化や改善、企業における新商品開発やマーケティングなどに繋げることが可能になります。お客様は、画像データをビジネスに活用できていますか?

画像データをビジネスに有効活用できれば…

お客様が収集した画像・動画データ、収集可能な画像データをビジネスに有効活用することができます。お客様の利用可能な画像データ、ビジネス上の課題をご相談いただければ、株式会社チェンジのスタッフが技術面・課題解決面の両面を考慮した画像データの活用・実装の提案をいたします。画像データの活用経験が豊富なコンサルタント・エンジニアと一緒に、画像データをビジネスに活用してみませんか?

画像データ活用のイメージ

「画像ビッグデータ解析サービス」では、企業で眠っている画像データや収集可能な画像データを人工知能(AI)などを用いて解析し、お客様のニーズにあった活用方法を提案します。株式会社チェンジの画像ビッグデータ解析サービスでは、人口知能による画像認識の技術面、ビジネス上の課題解決やビジネスプロセスへの適用といった業務活用面の両面を考慮した提案をいたします。

お客様に合った画像データの活用を。

  • 画像認識の技術面に不安がある。
    ⇒お客様の利用可能な画像データに適した、画像認識ソフトウェアのカスタマイズ、チューニングを行います。
  • 画像認識の結果をどのようにビジネスに活用するのかが分からない。
    ⇒様々な画像データの活用事例に基づき、お客様の業務に適した画像活用の方法を提案いたします。

画像ビッグデータ解析サービスラインナップ

独自画像認識アプリケーション開発サービス

株式会社チェンジでは、主に深層学習(ディープラーニング)のオープンソースフレームワーク「TensorFlow」を使い、お客様のシステム環境に合わせた独自の画像認識アプリケーションを開発し、ご支援しています。「TensorFlow」はC言語, C++, Pythonなどで利用できるといった汎用性の高さから、幅広い活用が可能です。株式会社チェンジでは、「TensorFlow」を活用し、ディープラーニングにおける代表的な画像解析手法であるCNN(Convolutional Neural Network)を応用して、画像を自動判別して情報を付与する(アノテーション)AIモデルを開発した実績があります。

技術面・活用面の両面からの画像解析サービス

株式会社チェンジでは、技術面、ビジネスへの活用面の両面から画像解析サービスを提案します。画像解析サービスの技術面に関しては、「TensorFlow」「Google Cloud Vision API」の適用経験があり、お客様の状況・目的に応じて適切なご提案を行います。また、ビジネスへの活用面では、画像データに基づく情報の活用方法や現場への利用浸透の推進方法の提案・実務支援を行います。画像解析サービスの技術面、活用面の両面からお客様に合ったソリューションを考え、提案することで、総合的な画像解析サービスを提供しています。

私に、ご相談ください。

New-IT
濱中 俊之

お問い合わせボタン お問い合わせボタン
濱中 俊之

貴社の生産性を
一変させませんか?

まずはお問い合わせから始まる。

お問い合わせボタン
Category
Top
Back to
Top