CHANGE LOGO
Efforts for ESG ESGへの取り組み Efforts for ESG ESGへの取り組み






当社は、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)に配慮し、「Change People, Change Business, Change Japan」のミッションに沿った事業を展開しております。人口減少下の日本をいかに持続可能な社会にしていくかがChange Japanの主目的です。 当社における各事業のテーマそのものが、ESG(環境・社会・ガンバナンス)の観点を組み込んだものであり、当社の成長戦略はESGの考え方を前提としたものになっております。

当社及び当社グループ各社のESGに関連する取り組みのうち、いくつかの事例をご紹介します。





当社は、KDDI、高知県日高村と「村まるごとデジタル化事業」を共同で推進する連携協定を締結しました

~Society 5.0 の実現に向け、住民のスマートフォン普及率 100%を目指す~

2021年5月24日、高知県日高村は Society 5.0 の実現に向け、公的サービスの質向上や地域のコミュニケーション活性化に取り組む「村まるごとデジタル化事業」の推進を目的に、株式会社チェンジおよび KDDI 株式会社と包括的連携協定を締結しました。3者は、包括的連携のもと、各々の人的・知的資源の活用を図りながら、スマートフォンの普及促進活動や防災・健康・地域通貨・メッセンジャーなどのスマートフォンアプリの利用促進を通じて、日高村のデジタル化と地域課題に対応し、地域の発展に貢献していきます。(詳細はこちらへ

◆各者の役割
□日高村 :チェンジ、KDDI とともに本事業を推進し、村内事業者の共助と住民同士の互助による高齢者層へのスマートフォン普及と利用を継続的にフォロー。
□チェンジ:本事業全体のプロジェクトマネジメント、運営支援、デジタル化や DX 化支援。地域通貨アプリを運営する株式会社トラストバンクと連携による、地域通貨の導入・活用支援。
□KDDI :スマートフォンの出張販売および利用促進支援、”ポケットヘルスケア”の提供による村民の健康促進。





当社が応援しているエンドオブライフ・ケア協会の活動が6周年を迎えました

今後、我が国は2060年に国民の約2.5人に1人が65歳以上の高齢者になるという世界で類を見ない超高齢化社会になることが予測されています。そのような環境の中、当社グループにおいては「ChangePeople、ChangeBusiness、ChangeJapan」をミッションに掲げ、「生産性をCHANGEする」というビジョンのもと、人口減少下の日本を持続可能な社会にするための事業を展開しております。
超高齢化・人口減少社会において、社会資源の偏在化や人との繋がりの希薄化が進むなか、一人ひとりが自らの人生を主体的に生きることができる社会の実現を願い、当社はエンドオブライフ・ケア協会の活動を応援しています。
この度、協会の活動が6周年を迎えることを記念して、「人口減少時代に、あなたは何ができますか?」シンポジウムを開催します。
社会の持続可能性と地域コミュニティ強化を考えるイベントに、当社代表取締役兼執行役員社長  福留大士が、「持続可能な地域を作るために挑戦したいこと:『論語と算盤』をヒントに」というテーマで講演いたします。
どなたさまもご参加いただけます。申込ページは、下記画像をクリックしてください。

◆日時:2021年4月17日(土)14:00-18:00(13:30から入室可能)

◆形態:オンライン(Zoom)

◆お申込み:以下URLまたは画像をクリックして外部ページからお手続きください。

https://elc6thsymposium.peatix.com/view

◆講演テーマ 「持続可能な地域を作るために挑戦したいこと:『論語と算盤』をヒントに」 は、16時半以降を予定しております。




電力の地産地消、再生可能電力の寄付による流通

当社グループ会社である株式会社トラストバンクでは、「エネルギーの地産地消」をスローガンとした地域エネルギー事業を展開しています。再生可能エネルギーの有効活用およびエネルギーの地産地消を目的に、固定価格買取制度における期間の満了(卒FIT)を迎える住宅用太陽光を中心とした発電設備の余剰電力(卒FIT電力)を売電および好きな地域に寄付できるサービス「ふるさとエネルギーチョイス えねちょ」(以下、「えねちょ」)の提供を開始しました。





地域社会課題の解決へ、寄付によるクラウドファンディング

当社グループ会社である株式会社トラストバンクでは、自治体がふるさと納税を活用して課題解決の資金を募る「ガバメントクラウドファンディング®(GCF®)」を運営しています。GCFは、自治体が主体となって行うクラウドファンディングで、地域が抱える課題への取組みをプロジェクト化したうえで、そのプロジェクトに共感した方から寄付を募る仕組みです。GCFは、返礼品の魅力だけではなく、“使い道”への共感から寄付を募るGCFへの関心の高まりを受けて、プロジェクト数・寄付額とも順調に伸びています。





要介助乗客の鉄道乗降支援を「バリアフリーアプリ」でスムーズに

当社では、車いすや白杖を利用される方、目や耳の不自由な方など、鉄道を利用されるお客様の中には鉄道会社のサポートを必要とされる方の安全をサポートと、駅係員の方の業務負担の軽減を実現する鉄道事業者向け「バリアフリーアプリ」を開発・提供しています。これにより、従来電話連絡で行っていた要介助乗客の対応業務を効率化し、限られた要員でのエラーの無いスムーズな案内を可能にしました。





Asia Pacific Eldercare Innovation Awards 2020 Finalistをエンドオブライフ・ケア協会が受賞

超高齢化・人口減少社会において、社会資源の偏在化や人との繋がりの希薄化が進むなか、一人ひとりが人生の最期まで主体的に生きることができる社会の実現を願い、当社はエンドオブライフ・ケア協会の活動を応援しています。医療や介護の専門職に限らず、子どもから高齢者まで、市民一人ひとりの行動が、限られた社会資源を守ることにも繋がるとして、Asia Pacific Eldercare Innovation Awards 2020にて、INNOVATION OF THE YEAR – CAREGIVER MODEL部門のFinalistとして表彰されました。





コーポレートガバナンスコードへのフルコンプライを達成

当社にとって、コーポレート・ガバナンスとは、株主、顧客、従業員をはじめとするステークホルダーの皆様に対して、経営責任と説明責任の明確化を図り、もって企業価値の最大化によるメリットを提供するため、経営と業務執行における透明性の確保並びにコンプライアンス遵守の徹底を進め、同時に、効率的な経営の推進を行うための仕組みであると考えております。当社は、2019年度 Explain だった 4 項目に対応し、2020年度コーポレートガバナンス・コードのフルコンプライを達成しました。






We conduct business under a mission of “Change People, Change Business, Change Japan” with awareness of our responsibilities to the Environment, Social, and Governance. Our goal is to create a sustainable society despite the population decline in order to accomplish Change Japan. The ESG factors are incorporated in our business domains and our growth strategy has been laid out with recognition of ESG principles.

Here are some examples of ESG-related initiatives that we and our group companies are working on.




Formed a partnership with KDDI and Hidaka-mura, Kochi Prefecture to collaborate and promote
“Digitalizing Entire Village Program”

~ To achieve 100% smartphone penetration for Society 5.0~

As an initiative to realize Society 5.0, Hidaka-mura (Hidaka Village), Kochi Prefecture has formed a comprehensive partnership agreement with CHANGE Inc. and KDDI Corporation to enhance quality of public services and to accelerate communication within the region under “Digitalizing Entire Village Program” on May 24th, 2021. Under the partnership, we will bring together the human resources and knowledge assets from each parties, and promote penetration of smartphones and usage of smartphone applications in areas such as disaster prevention, healthcare, local currency and messaging. Through these activities, we aim to promote digitalization and tackle social issues, and contribute to the development of regional communities. (Details below)

◆Roles of each parties

□Hidaka-mura: To implement the program with CHANGE and KDDI and assisting elder users to adopt and continue using smartphone, through cooperation from local businesses and citizens.

□CHANGE: To provide project management and implementation support, along with digitalization / DX support. Support of installing and utilizing local currency with collaboration with local currency application provider, TRUSTBANK.

□KDDI: To provide onsite smartphone sales and usage support, along with supporting citizen healthcare through application “Pocket Healthcare”.




The End-of-Life Care Association of Japan, which we support, celebrates its 6th anniversary!

Japan is expected to become an unprecedented super-aged society, with one out of every 2.5 people will be 65 years or older by 2060. With this background in mind, our group is developing businesses to make Japan sustainable society in the face of a declining population under the vision “CHANGE productivity” with the mission “Change People, Change Business, Change Japan.

In the midst of a super-aged and declining population, where social resources are becoming unevenly distributed and human ties are becoming weaker, we are supporting the activities of the End-of-Life Care Association of Japan in the hope of realizing a society where each individual can live his/her life as he/she is.

To commemorate the sixth anniversary of the association’s activities, a symposium will be held under the title “What can you do in an era of declining population?”.

Hiroshi Fukudome, President and CEO of our company, will give a presentation on the theme of “The Analects of Confucius and Abacus” at the event, which is about what we each of us can do to make the society sustainable and local communities resilient.

◆ Date: April 17, 2021 (Sat) 14:00-18:00 (Room Open at 13:30)

◆ Venue: Online (Zoom)

◆ Registration: See below.

https://elc6thsymposium.peatix.com/view

◆ The presentation on “Rongo (Analects of Confucius) and Soroban (abacus)” is scheduled for after 16:30.



Local Production and Local Consumption of Electric Power and Donation of FIT Electric Power

We provide a system in which people can donate and consume electricity generated and not used in individual houses, such as photovoltaic power.





Crowd funding through Donations to Solve Community Issues

We provide frameworks to find solutions for issues in local communities through the power of people’s empath y and donations.





Smoothly Assisting Handicapped Passengers Getting On and Off the Train with the “Barrier free app”

We created the app which streamlines station staff’s assistance for handicapped passengers, enabling their smooth guidance without errors, which had been carried out by phone call in the past.





“End-of-Life Care Association of Japan” was commended as a Finalist in the INNOVATION OF THE YEAR – CAREGIVER MODEL category at the Asia Pacific Eldercare Innovation Awards

In the midst of a super-aged and declining population, where social resources are unevenly distributed and connections with people are becoming weaker, we are supporting the activities of the End-of-Life Care Association of Japan in the hope of realizing a society where each person can live their best life until the end. Not only medical and nursing care professionals, but also every citizen, from children to the elderly, can take action to protect limited social resources. We are proud to announce that ELC was commended as one of the finalists of INNOVATION OF THE YEAR – CAREGIVER MODEL Category at the Asia Pacific Eldercare Innovation Awards 2020.





Full compliance to the Corporate Governance Code in FY2020

In FY2020, we have completed the response to the 4 pending matters in FY2019.



貴社の生産性を
一変させませんか?

まずはお問い合わせから始まる。

お問い合わせボタン
Back to
Top