ENTERPRISE SECURITY & INFRASTRUCTURE

ENTERPRISE SECURITY & INFRASTRUCTURE

サービスコンセプト

モバイル端末やクラウドを業務に活用することで、働き方は変革できます。
例えば、お客様先での打合せ中、準備していた資料以外の社内資料を確認したくなることはないでしょうか。そういった場合、PCをお客様先に持ち込み、立ち上げ、VPNに接続することでファイルを参照している方もいるかもしれません。モバイル端末を活用すれば、わざわざPCを持ち込むことなく社内資料を参照できます。

上記は一例ですが、Enterprise Security & Infrastructureユニットでは、ビジネスの生産性を向上させるモバイル/クラウド製品を取り扱っています。特定の業種や職種に依らない、ビジネスインフラとして利用可能な製品を取り揃えていますので、御社のニーズに合ったものをお探しください。

トピックス

2017年08月15日 内定者管理チャットボット『boot』リリースのお知らせ

働き手不足が叫ばれる中、これまで以上に新卒採用に対する期待度が高まっています。株式会社チェンジでは、内定辞退を防ぎ、優秀な人財を獲得するためのチャットボットツールをリリースしました。(詳細を確認)

2017年04月27日 米国防総省向けエンドポイント・セキュリティ技術の日本市場向け展開を加速

株式会社チェンジは、米国国防総省向けに各種セキュリティ製品を提供し、セキュリティソフトウェア企業の買収を通じてCrisis Communication分野でも同省と包括的な契約を締結しているBlackBerry Limited(CEO:John Chen)より、エンタープライズ・パートナー・プログラムの最高位となるプラチナ・パートナーに日本で初めて認定されました。(続きを読む)

主な取扱い製品

主な取扱い製品

  • BlackBerry Enterprise Mobility Suite | 統合エンドポイント管理(UEM)

    今まで “会社の自席で”やっていた仕事を、”ちょっとした空き時間”や”移動時間”にモバイル端末でこなすことで、残務処理のためだけにわざわざ帰社する必要もなくなり、より柔軟な働き方を実現できます。

    例えば、メールの送受信、ワークフローの決裁、社内資料の確認。

    これらをモバイル端末で実現できたら効率的ではないでしょうか。
    「BlackBerry Enterprise Mobility Suite(旧称: Good for Enterprise)」では、モバイル端末で実現したい機能に応じて複数のライセンスをご用意しています。どのような仕事をモバイルで実現したいか、お客様の希望をお聞かせください。

  • スマホBYODパッケージ(BlackBerry Work + Phone Appli)

    BYOD(個人端末の業務利用)を実施する際の課題はセキュリティだけではありません。電話をすれば通話料がかかりますが、業務利用の通話分を算出するのは困難です。御社ではどのようにBYODを実現されているでしょうか。もしくは、業務通話の算出の困難さからBYODを諦めていないでしょうか。

    これらの技術課題を解決するソリューション(”BlackBerry Work“ + ”Phone Appli“)をパッケージングし、ご提供します。これにより、お客様が解決すべきはBYODに伴う労務問題のみとなります。

  • BlackBerry Workspaces | セキュアストレージ

    必要な期間に必要なメンバーに適切な権限で情報共有のコラボレーションスペースを簡単に作成することができます。

    コラボレーションスペースは、メールなどで情報の授受を行ってから作業する手間(①授受⇒②閲覧や編集)を省き、最新の情報の閲覧や編集を1ステップで可能にします。

    デジタル著作権管理(DRM)の機能を使ったセキュリティは、ダウンロード・閲覧・編集・印刷・転送等の権限をファイルに対して設定すると共に、コンテンツの閲覧者・日時・場所の追跡までが可能。「BlackBerry Workspaces(旧称: WatchDox)」であれば、場所を意識することなく、安全に仕事ができます。

  • Jamf Pro | Appleエンタープライズモビリティ管理(EMM)

    “Windows PCと違い、社内のMacはインベントリ管理ができていない”といった声を耳にします。御社でお使いのMacはWindows PCと同等に管理がなされているでしょうか。

    「Jamf Pro(旧称: Casper Suite)」は、Mac、iPhone、iPadといったApple社製品の管理に特化したEnterprise Mobility Management(EMM)製品です。
    導入から資産管理・セキュリティ対策に至るまで、この製品があればWindows PC同等の管理が可能となります。Apple社製品の管理であれば、10,000を超える企業で使われている本製品のご利用をお勧めいたします。

  • direct | ビジネスチャット

    お客様とのコミュニケーションツールとして電子メールは欠かせませんが、
    ・相手のメールアドレスを入力し、
    ・メールの件名を書き、
    ・読みやすさ/文章表現に気を配りながら、
    ・本文を入力する
    といった手間を要するのも事実です。このような電子メールでのやり取りを社員同士でも使う必要があるでしょうか。

    メッセンジャーツールを使えば、よりスピード感のあるコミュニケーションが可能です。

    法人向けメッセンジャーツールである「direct」では、管理者の設定したセキュリティポリシーに従ってメッセンジャーを利用できます。さらにチャットボットを導入すれば、対話形式で各種システムと連携し、ビジネスのスピードを加速させることが可能です。

  • チャットボットサービス

    チャットツールの普及に伴い、各種サービスのインターフェースとしての需要が高まり、生産性向上の具体的な一手として“チャットボット”が流行しています。
    そこでチェンジでは、チャットボットの初心者向け研修から、お客様向けボット開発、APIのビジネス化まで、様々な段階に応じてご支援いたします。

    まずは、「そもそもチャットボットとは何か?」「どう使うのか?」「AIはどこまで使えるのか?」といった声にお応えした『チャットボット研修(ハンズオン)』の受講をお勧めいたします。

  • BOX | クラウドストレージ

    ファイルサーバの容量がいっぱいになり、HDDの増設を余儀なくされたことはないでしょうか。また、ファイルサーバ上のファイルを取引先へ共有する際、大容量であるがゆえにメール送信に失敗したことはないでしょうか。

    容量無制限のクラウドストレージ「Box」を使うことでこのような煩わしさからは開放されます。場所を選ばず、誰とでも簡単にコラボレーションできるストレージの導入をぜひご検討ください。

  • boot | 内定者管理チャットボット

    働き手不足が叫ばれる中、これまで以上に新卒採用に対する期待度が高まっています。一方で、現在の採用市場は売り手市場。以前に比べ、内定を出した優秀な人材から辞退されてしまうケースが増えていないでしょうか。

    株式会社チェンジでは、ビジネスチャット(direct)とクラウドストレージ(BOX)を組み合わせたチャットボット「boot」を開発しました。優秀な内定者を離さない仕組みの導入をぜひご検討ください。


資料請求・お問い合わせはこちら
  • * BlackBerry®, BBM™ and related trademarks, names and logos are the property of BlackBerry Limited and are registered and/or used in the U.S. and countries around the world.
  • * Apple、Apple のロゴ、Apple Watch、iPad、iPhone、Safariは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
    iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
  • * 「Google」、「Google」ロゴ、「Google Play」、「Google Play」ロゴ、「Android」、「Android」ロゴ、「Gmail」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
  • * 本資料に記載されたその他の製品名および企業名は、各社の商標です。