NEWS DETAILSニュース詳細

ARCHIVE

2018年01月29日

スマートデバイス向け多拠点同時接続ビデオミーティングアプリケーション「Tap Room」の提供開始

株式会社チェンジ

 株式会社チェンジは、スマートデバイス(iPad・iPhone)の法人ユーザーのニーズにあわせた、多拠点同時接続ビデオミーティング用アプリケーション「Tap Room」(タップルーム)を2018年2月より提供開始します。

 

 ビデオミーティング向けツールは多くの企業において採用事例が増えていますが、その多くはPC向けのビデオミーティングアプリが主体であり、スマートデバイス(iPad・iPhone)の利用におけるユーザービリティ向上や定着化は今後の課題と言えます。

 特に、現場業務/フィールドワークをビジネスモデルの根幹と位置付ける企業において、PCを携行しない現場業務従事者とのコミュニケーションの活性化は「働き方改革」を推進する上での重要テーマであり、働く環境にあわせた最適なツールが求められています。

 

 本製品では、顧客企業からの「スマートデバイスを用いて簡単に複数拠点でビデオミーティングを行いたい」とのニーズを受け、スマートデバイスでのビデオミーティングに特化し、1タップ(ワンタッチ)でビデオミーティングを開始できる環境を提供いたします。

 

 本製品を導入することにより、出張や日常的な移動時間を削減できるだけでなく、災害/事故などが発生した現場の映像を現地から中継しながら複数拠点で対策を講じることが、より簡易に実現可能です。

既に運輸業の大手企業等におけるトライアルが決定しており、月額利用料モデルにて順次展開を予定しております。

 

 株式会社チェンジの代表取締役兼執行役員社長の福留大士は、「運輸業、建設業をはじめ製造業、 サービス業など、現場業務従事者を主体とする企業の生産性向上は、我々が取り組む社会課題の一つとして極めて重要なテーマと考えております。数多くの企業に向けたモバイルソリューションの導入経験から得られた『働く環境・手順・動作に実際にフィットするツールでなければ定着化・効果創出が困難』という思想をもとに 本製品の開発・リリースを進めてまいりました。本製品を通して現場及び組織間の連携強度が高まり、導入 企業の生産性向上に貢献できると確信しております」と述べております。

 

※iPad、iPhoneはApple Inc.の商標です。

 

 

 

■ 株式会社チェンジ:
http://www.change-jp.com/

本社:東京都港区 代表取締役兼執行役員社長:福留大士
株式会社チェンジは、AI 、音声インターネット 、モビリティ 、IoTビッグデータ 、クラウド 、セキュリティなどの各種アルゴリズム群のライブラリ及び基盤テクノロジーを活用したサービス及びIT人材育成の研修(NEW-ITトランスフォーメーション事業)を展開しております。

 

 

 

 

本件の問い合わせ先:

株式会社チェンジ

東京都港区虎ノ門 3-17-1

Control & Management担当

メール:ir_info@change-jp.com