NEWS DETAILSニュース詳細

ARCHIVE

2017年11月30日

「JAXAデータ活用によるVR空間上の宇宙ミュージアム建設プロジェクト」~ガバメントクラウドファンディング×New‐ITを活用した新たな地方創生モデルへの挑戦~

株式会社チェンジ

 株式会社チェンジは、企業における教育や生産性向上のためにVR技術を活用しております。

この度は、弊社が持つ先進的なVR技術を地域の活性化に寄与できないかとの思いの元、新たなプロジェクトを計画いたしました。その舞台となるのが、ロケットの射場を有する“宇宙の町・鹿児島県肝付町”であります。

 肝付町との連携協力のもと、ガバメントクラウドファンディングの仕組みを活用し、日本初のバーチャルリアリティ(VR)空間上での宇宙ミュージアム建設に取り組むことで、今までにない地方創生の形を作り上げることとしています。

 

 VRを利用した主な取り組みとその狙いは以下の通りです。

 

(主な取組みと狙い) 

1.宇宙への関心を高めるミュージアムを開設し、教育素材をVR空間で提供してまいります。

2.「宇宙×VR×地方都市」という取り組みにより、日本国内外における肝付町に対する認知度アップ・イメージアップ

    を図る企画を実施します。

3.肝付町でしか体験できないVRコンテンツも制作し、ロケット発射場や見学施設などの地域施設とも  連動した観光客

    誘致や、宇宙をテーマとした学習の促進を図ってまいります。

4.ガバメントクラウドファンディングを活用した先進的な取り組みへの投資による、地方都市からの最先端事業参入の

    可能性を追求します。

 

  これらの取り組みを通し、肝付町では、高齢化や労働人口の減少、観光客の伸び悩みなど、地方都市の抱える課題に対し、VR技術を利用することで、物理的距離や設備などの制約を超えた新しい地方創生の モデルをつくりあげていくことを目指しています。

 

  株式会社チェンジの代表取締役兼執行役員社長の福留大士は、「当社では従来ビッグデータの活用などを通じ、地方自治体への支援を行ってまいりました。今回、場所や環境にとらわれないVRを活用した肝付町ならではの地方創生に挑戦するにあたり、弊社の技術・ノウハウをご活用いただける機会ととらえ、ご支援させていただくこととなりました。VR技術を活用することで、簡易に壮大な宇宙を体験できるというだけでなく、従来、多額の資金が必要であった公営の美術館をバーチャル空間に移行することにより、より手軽で、新しい公共事業の形を提案することが可能になります。また、未来の日本のものづくり・宇宙人材の育成にもつながりうる、この地方発信の新しい挑戦に対し、協力できることを嬉しく思っております。」と述べております。

 

 

■プロジェクト特設サイト:

https://sc-dione.jp ※2017年12月1日公開予定

 

■トラストバンクが提供するガバメントクラウドファンディングサイト:

https://www.furusato-tax.jp/gcf/ ※2017年12月6日より当事業の掲載開始予定

 

 

■株式会社チェンジ:

http://www.change-jp.com/

本社:東京都港区  代表取締役兼執行役員社長:福留大士

株式会社チェンジは、AI 、音声インターネット 、モビリティ 、IoTビッグデータ 、クラウド 、セキュリティなどの各種アルゴリズム群のライブラリ及び基盤テクノロジーを活用したサービス及びIT人材育成の研修(NEW-ITトランスフォーメーション事業)を展開しております。

 

 

 

本件の問い合わせ先:

株式会社チェンジ

東京都港区虎ノ門 3-17-1

Control & Management担当

メール:ir_info@change-jp.com