NEWS DETAILSニュース詳細

ARCHIVE

2017年10月30日

Amazon Echoの国内発売に伴うSkillの普及活動を2つの方向で加速化~AIスピーカーによる音声インターネット時代の幕開け~

株式会社チェンジ

  株式会社チェンジは、クラウド音声サービスの「Amazon Alexa」とAlexaを搭載したスマートスピーカー「Amazon Echo」の国内展開の発表を受け、Amazon Echo向けのSkill(アプリ/プラットフォーム)の 普及活動を加速させます。具体的な活動は、企業向けと開発者向けの2つに分かれます。まず、企業向けについては、消費者/顧客との関係を更に深めるための新しいタッチポイントとして、どのようにAmazon Echoを活用していけばよいか、先行する海外事例を交えながら、活用ノウハウを習得するためのセミナーを開催します。次に、開発者向けについては、当社の米国でのSkill開発・提供の先行実績を踏まえつつ、Alexaを用いた開発ツールであるAlexa Skills Kit(ASK)の活用手法を習得するための セミナーを開催します。このような活動を通して、需要・供給の両サイドを活性化し、より多様なAmazon Echoの用途を開発することで、日本国内での普及を後押しします。

 

  「Amazon Echo」(音声認識によるアシスタントデバイス)のグローバルでの出荷台数は2019年までに1億1300万台と 予測(注1)されており、日本市場での浸透度も高まっていくことが想定されます。デバイス入力方法は、2010年前後から PC(キーボード)からタッチ(スマートフォン・タブレット)に移り、今後は音声入力になるという見方が大勢を 占めています。Alexaは他社が提供する音声認識技術と比較して、スマートフォンではなく、家庭内などの空間に固定的に設置されて、様々なアシスタント機能を提供する点が特徴です。つまり、家庭内のIoT機器すべてを音声でコントロールしたり、搭載した車をコントロールすることを可能にする技術と位置付けられます。

 

注1)米国みずほ証券のアナリストNeil Doshi氏による予測

 

  チェンジ社長の福留大士は、「Amazon Echoの日本市場での発売が決定し、日本での音声インターネット時代の幕開けに先駆者として参画できることを嬉しく思っております。Amazon Echoに代表されるスマートスピーカーが市場浸透に あたってのキャズムを超えるためには、魅力的なコンテンツ(Skill)の普及が先決であり、消費者の日常生活に染み 込むようなSkillを企業や開発者が企画・開発していくことが重要になります。 当社はボイスインターネットが我々の 生活や働き方をよりスマートに進化させる未来をつくるべく、各種普及活動を地道に進めて参ります。」と述べており ます。

 

 ※本リリースで使用しているAlexa、Amazon Echoなどの名称は米国Amazon.com Inc.の登録商標です。

 

 

■株式会社チェンジ:

http://www.change-jp.com/

本社:東京都港区 代表取締役:福留大士

事業内容:AI 、音声インターネット 、モビリティ 、IoTビッグデータ 、クラウド 、セキュリティなどの各種アルゴリズム群のライブラリ及び基盤テクノロジーを活用したサービス及びIT人材育成の研修(NEW-ITトランスフォーメーション事業)

 

 

 

 

本件の問い合わせ先:

株式会社チェンジ

東京都港区虎ノ門 3-17-1

Control & Management担当

メール:ir_info@change-jp.com