NEWS DETAILSニュース詳細

ARCHIVE

2016年12月16日

画像認識技術を活用した「画像ビッグデータ解析サービス」の提供を開始

株式会社チェンジ

 株式会社チェンジは、近年、画像認識技術活用のニーズの高まっていることを受け画像データを、人工知能(AI)や API(注1)などを用いた画像処理技術を利用し、さらに弊社の保有するデータ分析技術を駆使し、ビジネスに有効活用できるようにする「画像認識解析サービス」の提供を開始いたします。

 

 業務上蓄積された様々な写真や動画は、証跡や履歴データとして蓄積されているものの、データ容量が大きくなるため、一定期間の保有以降廃棄されることが多いのが実態です。しかし、ビッグデータ技術を用いることができれば、これらの元データを分析しやすいデータに加工し、人物属性(年齢、性別など)の抽出や物体の識別などに活用できることによって、業務の効率化や改善、企業における新商品開発やマーケティングなどに繋げることが可能になります。これは、当社が展開するNEW-IT トランスフォーメーション事業の拡大において、先日の音声ビッグデータ解析と同様、重要な競争戦略の一つとなってまいります。

 

 すでに、小売業や製造業など複数の企業から、画像認識技術の活用に関する引き合いがきており、一部実証実験も始まりつつあることから、企業で眠っている画像データを、人工知能(AI)などを用いて解析し、お客さまのニーズにあった活用方法を提案する「画像ビッグデータ解析サービス」を提供することにいたしました。

 

●独自画像認識アプリケーション開発サービス

深層学習(ディープラーニング)のオープンソースフレームワーク「TensorFlow(注2)」を使い、お客様のシステム環境に合わせた独自の画像認識アプリケーションを開発し、導入いたします。「TensorFlow」はC言語, C++, Pythonなどで利用できるといった汎用性の高さから、幅広く活用ができます。

 

●クイック画像認識導入支援

米Google社のクラウドサービス Google Cloud Platform が提供するディープラーニングによる画像認識技術 Google Cloud Vision API を活用し、クイックにお客様の画像データを分析・活用できる形式に変換するサービスです。本サービスの導入については、Google Cloud Platform の導入実績が豊富なクラウドエース株式会社のソリューションパートナーとして、サービス提供してまいります。

 

●画像データ取得・分析・活用ソリューション

画像を撮影し分析可能なデータに加工する技術を保有する企業と連携し、ビジネスの現場におけるデータ取得、画像補正から分析・活用まで一気通貫におこなうソリューションで、企業のニーズや費用対効果にあった製品を組合せて提供してまいります。

 

 チェンジ社長の福留大士は、「企業や官公庁は写真や動画などの膨大な画像データを蓄積しているにも関わらず、これまで十分な活用がなされていませんでした。先日発表した音声データに加え、画像データの解析が可能になることにより、これまで眠っていた情報資産を有効活用する道がひらけます。当社としては、お客様のマーケティングや商品開発などの攻めの施策のみならず、業務効率の改善などの守りの施策にも有効活用して頂く予定です。」と述べております。

 

 

(注1)Application Programming Interfaceの略。プラットフォーム側の汎用性の高い機能を外部から手軽に利用できる

  ように提供する仕組みのこと。

 

(注2)TensorFlowはGoogleが開発しオープンソースとして公開した, 深層学習のライブラリである。

 

 

(※ Google および Google Cloud Platform は、Google 社の登録商標です。)

 

 

 

■クラウドエース株式会社について

https://www.cloud-ace.jp/

本社:東京都中央区 代表取締役:吉積礼敏

Google Cloud Platform の導入支援や、運用サポート、Google のクラウドを活用したシステム開発で 豊富な実績を誇るGoogle Cloud Platform Service Partner企業です。

 

 

■株式会社チェンジ:

http://www.change-jp.com/

本社:東京都港区 代表取締役:福留大士

株式会社チェンジは、『NEW-ITトランスフォーメーション事業』を通じて、日本企業の業務オペレーションやビジネスモデルに変革をもたらす会社です。今回の画像ビッグデータ解析サービスは、Analytics & IoTユニットが担当しており、これまでの事業で培った技術力と顧客基盤を活用した展開が期待されます。

 

 

 

本件の問い合わせ先:

株式会社チェンジ

東京都港区虎ノ門 3-17-1

Control & Management担当

メール:ir_info@change-jp.com

TEL:03-6435-7340